040815
その他
[トップに戻る] [アルバム] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
参照URL
添付File
暗証キー (英数字で8文字以内)
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
文字色

講師養成研修終了 投稿者:みずの 投稿日:2008/08/05(Tue) 19:24 No.522   
今、熊本市内のホテルです。
暑かったです・・・
シャワーを浴びて、これからノミカタです。
熊本では、飲み会をノミカタと言います。

昨日と今日で9時間、無事講義が終わりました。
今日は現場でのマンツーマン指導のロールプレイ。
受講者の皆さん、それぞれの個性が光ってて、
教えられ役の緑の研修生も一所懸命で、
楽しかったです。

例によって、早口で喋り捲ってしまいました。
ナオサネバ!といつも思うのですが、
講義が始まると忘れてしまいます。

あっ!ノミカタの時間だ!
続きは後ほど書きたいと思います。

ではでは!

行ってきました 投稿者:みずの 投稿日:2008/07/16(Wed) 16:06 No.521   
和歌山、行ってきました。
今日午前中は爆睡して、午後から原稿書きです。

今年度から始まった「指導者指導能力向上研修」ですが、
林野庁も全森も自治体も労確センターも受講者も
戸惑いながらのスタートのようです。
無理のないことだと思います。

受講者に森組の事務方が多かったのは意外でしたが、
それでも中には、
「自分には現場技術はないが、指導が必要なことはよく理解できた。その事を伝えていきたい」と仰ってくださる方もみえ、
次年度以降に有意義につながって欲しいと思います。

現場の班長の中には、チョ〜熱心な方もおり、
そういう方とのやり取りは、実に心地よいものです。

いろんな課題があることも分りましたし、
すぐに改善していただきたいことについても、
少しですが、意見交換できました。

言い訳ですが、初日の2時間は、やっぱ短かったです。
講師としての改善点もご指摘いただきましたので、
二日間を振り返りつつ反省し、今後につなげたいと思います。

迷いながらもお声かけくださった、
わかやま林業労働力確保支援センターの皆様と、
ご多用にも関わらず受講していただいた森組の皆様に感謝します。

話題 投稿者:植木屋 投稿日:2008/07/14(Mon) 16:27 No.520   
アキバ事件で、刃物産業は大混乱です。てか、まだもめてます。
 も〜、みずのさんのおっしゃる通り。
警察が因縁をつけてくれば、カッターでさえ捕まる。

オイラが、研いだスコップとツルハシ振り回したら、ナイフ以上に危ない。みずのさんがチェーンソー振り回したら、もっと危ない(笑)
 去年、Uターン禁止で捕まったとき、「刃物いっぱいのってます」って、おまわりさんに言っても{完全無視}されました。(屋号入りのトラックだから当たり前か?)
言いたいコトは沢山あるけど、止めときましょう。

大事なのは、「道具を使う人次第!!」
刃物に八つ当たりするな!

ソープランドを押さえつける、くだらねぇ風営法みたい。
 改築できなくて火事になり、あれで何人の女の子が犠牲になったやら・・・(>_<)
 おおっぴらな店が出来なくなりゃ、デリヘル偽りアンダーグランド化の性病蔓延コース。

国には、もっと物事の「本質」を考えてもらいたい。

明日から和歌山 投稿者:みずの 投稿日:2008/07/14(Mon) 00:28 No.519   
明日から、
和歌山の労確センターへ
「事業体指導員指導能力向上研修」講義に行ってきます。
私の担当は、指導者に求められる役割についてです。
指導者の役割といっても、大半は指導方法についての話で、
間伐の指導実習を含めて、二日で9時間。

和歌山の皆さんにも、
私の経験を参考にしていただければ良いのですが・・・

今回は、TAF(林業トレーナーズ協会)から1名に同行してもらい、
指導者養成の講義を記録してきます。

楽しい9時間になるよう、頑張ってきます!

全国誌でみずのさん発見 投稿者:307C新車にハラハラ 投稿日:2008/06/13(Fri) 18:29 No.508   
事務所に週の報告に寄ったら机の上に「現代林業7月号」を発見。開くとな〜んと「林業・寺子屋プロジェクトの現場から」のタイトル。ぴーん来ました(ビビビッじゃなくて汗)。
初めてみずのさんの顔を拝見しました。こんな感じでやっているんですね。私は、造林班から素材生産に回されて、伐倒作業が雑になってしまいました。列状伐倒なんでひたすら真下へまたは、スイングで引っ張りながらなんで、かかり木もへっちゃら。力まかせ、機械任せなんで伐倒作業が雑になってしまってます。今、通常の間伐現場に出たら新人さん並か?

Re: 全国誌でみずのさん発見 - 改造天国 2008/06/13(Fri) 23:27 No.512
こんばんは、はじめまして。
「307c」ってCATですよね。(キャノンインクのシアン?)
ん、もぉ〜、おちゃらけて・・・って、でも、上げレス。
義務的に上げレス。


Re: 全国誌でみずのさん発見 - 307C新車にハラハラ 2008/06/14(Sat) 22:36 No.513
ハイ、CATです。うちは三菱が多いですね。値引きがいいから?
キャノンではありませんよ。インクじゃなくって、「キ・ヤ・ノ・ン」キヤノンなんです。多くの人は気が付いていませんよね。キヤノン(うちずれ〜)の看板を受けたのですが、クライアントから指摘されるまで気が付かなかったようです。当然作り直しです。会う人会う人に知ってるぅ〜なんて、話の種にしてます。


Re: 全国誌でみずのさん発見 - みずの 2008/06/16(Mon) 02:32 No.514
307C??
「キ・ヤ・ノ・ン」
発見された私と、雑になった間伐と、
何が何してナントヤラ・・・
全然、ついてけないんですけど・・・

それはさておき、
GR7月号、ご覧いただけましたか。
ありがとうございます。
アレは私です。
細々と、中身の濃い研修会を続けております。

重機は麻薬だと感じています。
私にとっては、
第一、操作が面白い。
加えて、圧倒的なパワーがたまらない!
でも、要は使い方ですよね。

知り合いの森組の困ったチャンが、
「グラップルがあれば、チェーンソーで伐らなくても、
押せば根こそぎ倒れるぞ、楽だぞ〜」
と、得意げに話してたことがありました。
バカです。
人工林の管理及び整備に関する基本法第2条3項の4に違反しています。
ウソです。

でも、困ったもんです。

で、発見された私は、どうすればいいんでしょうか?
力任せになりそうな307Cさんは、どうすればいいんでしょうか?
ねぇねぇ、天国さん、どうすりゃいいのさこの私・・・


Re: 全国誌でみずのさん発見 - 307C新車にハラハラ 2008/06/16(Mon) 22:03 No.515
話がそれてしまい申し訳ございません。GRは写真が多かったんで、記事はざっと目を通した程度ですが、
HPで拝見している事、そのままでしたね。

今日から新しい現場。作業道開設の為の伐倒で、笛を吹き、指差しをし、クサビを使い、ちょっとは真剣にやりましたよ。
全般的に太めなので、16から18インチバーに変えて伐倒です。

力任せとはいうものの、そのような事はしません。一応山主さんから預かる商品ですから。

人工林の管理及び・・・等々の法律すら知りませんでした。
ただの作業員で技術者ではないので、難しい事を聞かれても困ります。
新車は若手に任せて、先山で荷掛けでもしてメタボ対策に努めたいと思います。


Re: 全国誌でみずのさん発見 - みずの 2008/06/17(Tue) 00:06 No.516
すみません、
人工林の云々・・・って法律は存在しません。
でも、必要を感じる時ってないですか?

5月に間伐等の促進法が施行されたので、
ますます現場がコンガラガルのでは?と心配です。
予算がなくては困りますが、
予算だけでも困ります。
機械化も方法ですが、
最後は人ですから!

山主さんから商品を預かるって考え方は、
とっても大事だと思います。
請け負いはサービス業ですから。



Re: 全国誌でみずのさん発見 - 改造天国 2008/06/18(Wed) 23:59 No.517
>「キ・ヤ・ノ・ン」キヤノンなんです。多くの人は気が付いていませんよね。キヤノン(うちずれ〜)

 同感!打ちにく〜い。創業者の意向のとおり「カンノン」にすりゃぁ良かったのに。
『観音』(音をも観じる)ですよ。いかにも“光学機器のトップブランド”ってネーミング。キヤノンと書いてキャノンと読ませるのはどうかなぁ。(前回のRes.ではうっかりしとりました)

> 圧倒的なパワーがたまらない!
でも、要は使い方ですよね。

 私は重機にハネられました(歩いているところを背後からズドーンでした) 運転手は「殺しちゃったかと思った」らしい。山を降りてからも危険な目に遭っています。
だから、私は重機は嫌い。
でも、そうか!使い方次第ですよね。やさしい運転ができる人が乗った重機は好き、という事にいたしましょう。

> ねぇねぇ、天国さん、どうすりゃいいのさこの私・・・

 見つかった以上は・・・・スカッとさわやか協議離婚?あるいは、平謝り?
ジョーダン、ジョーダン(エヘヘ)
まずは、発見した307Cさんを賞賛いたしましょう。林業誌は発行部数のわりに、実際に読んでいる(目を通している方々)は少ないと思いますョ、多分。だからエライ、307Cさんエライ。
 このBBSを訪ねられるコト自体がエライと思います。
若い衆には「携帯大好き(中毒的)」の方も居て、案外、PC使えなかったり、持ってなかったりして・・・・PC持ってても、動画、音楽、オンラインゲームに夢中で、サイト廻りをする暇を惜しんだり・・・・(耳が痛いって方、ゴメンね〜)

 林業界(現場)がなぜ変わらないのか?金が無い・学歴が無い・結束力が無い、従って「政治力」が無いから。金と学歴はナントもなら〜ん。
で、BBSを通して、情報交換し、結束力を高めていかんとなら〜ん。どぎゃんとせなならんって!
それで、過去に「現場からの研究発表会」みたいなモノを創設すると良いでしょう、とカキコしてみたんですよね。これなら、結集と学歴が同時にかなうでしょう。優れた研究発表は学歴に匹敵すると私は思うんです。


Re: 全国誌でみずのさん発見 - だん 2008/06/19(Thu) 01:13 No.518
重機がなければ出来ない仕事もあり、重機を入れたばっかりにひどいことになる現場もあり、また使う人によって効率も現場の仕上がりにも大きく差がでます。

繊細な操作が出来ないと機械は傷みますね。
当森林組合の重機のボコボコ具合からオペの程度の低さがうかがえます。

新人時代には玉切り中に材を動かされてバーを挟まれたり、足元の材をいきなり掴まれて足払いを食らったり、新車に材を押しつけられたり(今でもへこんでます)しました。

どう扱うかも大事ですが、本当に大事なのはどう運用するか、機械の能力をいかに有効に使うかですね。
現場設定。なかなかできてないです。
こちらからいくら言っても、だいたい行き当たりばったり。
何とかしたいです。

班としての体制は良くなりましたが、組織が… 権限を持つ人の意識が変わらないと、舵を切ることができない。
未熟なまま大きくなりすぎた組織はバラバラ。この危機感が上になかなか伝わらない。もがく日々です。
タイタニック号は何処へゆく?


[1] [2] [3] [4] [5] [6]

処理 記事No 暗証キー

- Joyful Note -