第10回林業Iターンミーティング 

参加者アンケート

時:2009年10月16日〜18日
所:郡上八幡自然園
主催:Forester's NPO Woodsman Workshop

 1 ITMにご参加いただいた動機を教えてください
1
新しい技を見るため。他地域のやり方(作業方法)、交流をするため。
2
林業に関わる仕事をするのに、現場の人の声を直接聞ける貴重な研修会と感じたため。
3
普段の仕事で伐り捨て間伐をすることもあり、自身の技術向上に役立てたかったので。
また、様々な立場の人と交流したかったため。
4
「何かが見つかるのではないか?」そう思いました。
5
皆さんにお会いして元気を頂こうと・・・。
6
NPO法人で仕事を創るヒントを探る。チェンソーでの間伐を学ぶ。
7
ほぼ義務
8
木材を使う側として、木を育てている人々と出会える場は貴重なので。
9
人それぞれの伐り方を見てみたかった。
10
情報交換。山でだまされぬように。
11
浅井班が昨年度2人から4人になったため、班全員で参加したいと思った。指導者としての勉強。
12
会社より
13
お世話になっている水野さんの顔を見に来た。
14
技術・知識の向上
15
班長の意見
16
昨年に続き、山の仕事の現状・作業風景を見たかった。
17
技術向上、林内動作の改善の糸口を見つける。
18
末武東さんに会いたかった。いろいろな人と交流できるから。
19
現場の人を感じたい。何の業務をしていようと、現場なしでは存在できるはずはない。
20
盆、暮れ、正月、ITM。年中行事です。
21
毎年参加している。
22
昨年からの参加です。皆さんと話ができることで、林業に対する意識が膨らむ気がします。
23
後輩の指導技術や伐倒技術を学びたかったため。
24
現場の方々の生の声を聞きたい。自分の業務へのやる気回復(充電?)。久々に木を伐りたい!
25
自分の技術向上、交流、続く人たちへの責任、伝えるため、etc…
26
我流での限界を感じ、新しい知識・技術・思いを身につけたいと思ったからです。
27
もろもろの向上のため。
28
指導者の育成。人の育成について。
29
林業の現場で働くことを考えているので、現場での技術や知識を学ぶために参加しました。




 2 今回のITMを何で知りましたか?







 3 今回参加を決定する際に検討された事項として、重要なものは?


1位 2位 3位 4位 5位 6位 7位
内容 日程 時期 参加費 他参加者 交通費 施設







 4. プログラムごとの感想をお願いします。
 P 1 「Deadlineを見極めるT」
1
個人の技量で左右されるので何とも言えないですが、そのラインを教えてあげるのは指導する人なのかもしれない。
2
素人にとってはどんな伐倒作業もこわいものだと感じます。その作業をいかに安全にかつ効率よくやるかは生活に直結し、境界を知ることは長く続けるために知らねばならないと思う、大事な実習でした。
3
今まで何気なくやってきた伐り捨て間伐が、これからは意識的により安全にかつ効率的に作業できそうです。
4
世の中「こんなに危険な作業の仕方がまかり通っている地域があるのか!?」と、新たなオドロキを受けました
5
普段考えたこともありませんでした。意識して慎重に取り組みたいです。
6
不参加でしたが、今思うと参加すればよかったと思います。
7
間伐作業の深さははかりしれないと感じました。ただ「焦らない」という事は非常に大切だと思いました。今後着実に学んでいきたいです。
8
もっと正確にアブナイ状況を作り出せればよかった。
9
奥が深いのを実感しました。
10
色々な考え方があり、斜め切り全てが危ないわけではないが、危険性がある事がわかった。
11
地域にかかわらず同じ伐倒方法が使われていた。
12
最高
13
伐り方がうまいのがわかりました。
14
うわさのスーパーハイカット!強烈でした!
15
改めて、御法度とされている作業が危険だと思った。
16
斜め切りしか知らない自分にとって、6パターンの伐り方は非常に参考になった。
17
新しい技術を実際に見られて良かった。
18
新しい技術だったのでオドロキの連続
19
以前の何気ない作業がいかに危険かわかった。

 P 2 「Deadlineを見極めるU」
1
初めて知った言葉をビデオを見ながら改めて勉強できてよかった。紙の資料がないとイメージしづらいところも多々あった。
2
VTRで作業の中での危険そうな箇所を繰り返し見られたので、よく理解できた。
3
一般的であろう、具体的な数字を聞けて良かった。
4
自分自身でしっかり線引きできるように経験を重ねていきたい。
5
「Deadlineを見極めるT」に参加していれば、もっと理解できたのかなと思う。
6
とりあえずはこんなところ?
7
まだまだ安全意識のない組合があるのに驚いた。
8
最高
9
Deadlineを引く難しさを実感。これ、日々考察。
10
映像で見ると、現場で見るより高い位置での斜め切りはコワイと思った。
11
ビデオで確認し、さらに理解できた。
12
皆がやっていながら、理由・基準があいまいなことを再認識できた。
13
安全と効率のバランスが大事だと実感した。
14
(Deadlineを見極めるT不参加)Tで何をやっていたかの雰囲気がつかめた。
15
今までカンでやっていたことを理論的に体系化して説明していただいたので、今後間伐だけでなく他の仕事も体系化できるようにしたいです。
16
段取り不足?開いてしまえば何かそれっぽい答えのようなものが出るだろう、というやり方は疑問が・・・。
17
ビデオと話し合いでとてもよかった。

 P 3 高性能林業人間になる!「間伐実習(末武クリニック)」
1
段木さんの班で、北欧式の伐り方を習いました。受け口の角度が60°-70°にする意味がわかって合理的だと感心してしまいました。
2
他の参加者の作業を間近に見られて参考になりました。末武さんのアドバイスも非常に的確でためになりました。
3
北欧式の受け口を実際に教えて頂き、大変参考になりました。
4
昨年もそうですが、今年も発見がたくさんありました。細やかな説明、丁寧な説明、色々な発見、感心しきりです。
5
合わせ切りでの間伐を経験できてよかったです。
6
教える引き出しをもっと増やしていきたい。
7
すごく楽しかった。
8
1人2本ずつ連続で見たかったです。
9
失敗したことにより、チェンソーの目立てを直接質問することができたり、何が問題かが判明するヒントになった。
10
ヒノキの間伐については初めてでした。作業方法等、初体験です。今後、現場でトライしたいと思います。
11
最高
12
教える人間がとてもうまく教えてくれました。
13
梶谷さんから普段作業中に考えていることを大変細かく解説してもらい、とても勉強になりました。
14
末武さんの木を伐る姿を生で見られて良かった。
15
雨天で時間が短くなったのが残念。オプションへ参加してみます。
16
技術力を高めたい!チェンソーが進むイメージが鈍り、ツルがしっかりとつくれなかったことにショックを受けました。
17
自分のいつもの間伐の注意する点を気づかせてもらえて参考になった。
18
伐り方、道具などで呼び方が地域によってぜんぜん違う。→そろそろ標準化しないと!
19
手を早く動かせば早いのではなく、先を見越してゆっくりと人にもチェンソーにも楽にすることを学びました。
20
基本を当たり前と考えていたが、人に伝えることができなかった。人に伝える方法みたいのが見えてきた。

 P 4 高性能林業人間になる!「林内動作の武道的考察T」
1
足腰の安定化と柔軟性、特に前から聞いているムダをなくすことを大事にやっていきたい。
2
目に見えないもので、丹田の位置が実感できずもう少し修行が必要なようです。
3
初心者とベテランの2人を比較するという方法は、大変わかりやすかった。
4
どうすると体に負担がかからなくなり、また作業効率を上げられるのであろうか?別の職業ですが、改めて考えさせられました。
5
ナンバ歩き、平常心、インナーマッスル。
6
自分の体の動きを客観的に見てもらえた点が良かったと思います。
7
自分の理論を整理できた。
8
1年ぶりだと色々忘れています。
9
(葛城奈海さんは)やっぱり美人でしょう!
10
重心が大事。慌てないでゆっくりした動き、疲れにくい動きを考えるきっかけになった。
11
最高
12
経験のない人、ベテランの人それぞれ動きが違って、なぜか?を考えることで勉強になりました。
13
自分の作業を客観的に見ることができ、改めて問題点がわかりました。
同時にベテランの人との違いから目指すべき型が少しわかった気がします。
14
今まで重心や体幹を意識していなかったけど、意識するだけで作業が楽にできるような気がする。
15
参加者の方からの意見により、体使い(さばき)について(本プログラムメイン)と、もっと広範の流れに関することについてとが混ざってしまっていた。武道は素人でも、もう少しメインについての視点を改めて意識したコメントが欲しかったです。
16
体幹は仕事以外の日常生活でも意識したい。
17
体の芯がいかに重要かわかった。
18
体幹の考えが新鮮でした。
19
鍛錬。腰の据え方。腕の力のかけ方等。体を楽にして作業する方法が見えた気がする。
20
姿勢を正しくしようと思った。やっぱり山仕事の動きは特殊だと改めて認識。
21
面白かった。自身もそういう動きを心がけていきたいと思っていた。
22
リズム・バランス・姿勢のベテランと経験の浅い人との違いが明確に見られて良かった。
23
とにかく「体幹」という言葉を得ただけでも今回のITMに参加した価値がありました!
24
力が入っていると、良くないことがハッキリした。

 P 5 高性能林業人間になる!「林内動作の武道的考察U」
1
姿勢ですね。重心等々色々あると思いますが、姿勢をしっかりしている人は結構できていると思います。 また、できている人は生き方もキレイだと思います。
2
合気道を少しナメてました。すみませんでした。他スポーツも応用でき、生活に役立てたい。
3
何だか武道がやりたくなってきました。
4
なりたい。
5
ビデオで自分の動きを確認できたことと、ベテランの方々からアドバイスをもらえた点が良かったです。
6
単に林業の動作ということにとどまらず、漆工や木工の作業にも応用ができそうです。また手を締めてゆくやり方などはカメラの基本的な姿勢そのものなのだと感じました。普段意識していない体の動きをもっと意識してみたいと思いました。
7
筋肉痛です。
8
重心が大事。慌てないでゆっくりした動き、疲れにくい動きを考えるきっかけになった。
9
最高
10
自分で力の入り具合がわかり、武道と同じ動きなのだなと思いました。
11
色々な場面で必要となりそうだなと感じました。
12
武道的な体の使い方、心の持ちようが林業において大変参考になることを身をもって感じました。
13
ベテランと素人との動きの違いに驚いた。(映像)
14
ビデオにしか写っていない事があり、見ながらコメントされることが大事だと実感しました。
軸、重心の話は林業に限らず、体さばき全部に共通しますね。
15
林内での動作に、さっそく利用したい。
16
まずは痩せます。力を抜くことをマスターしたいです。
17
経験の長いベテラン末武東さんはさすがだった。山での身のこなしの裏付けになったと思う。
18
機械化が叫ばれているが、やはり原点は人間だと思っている。「高性能林業人間」のコピーはなるほど!と思った。
19
体のバランスを整える重要さを知りました。シコは続けていきたいと思います。
20
間近でみた(葛城奈海さんの)笑顔が超goodでした。
21
体の軸を大切に、意識して行動したい。シコはつらかった。

 P 6 「・・・そして、次へ!」
1
またまた皆さんの熱い思いが聞けました。僕もまだまだ燃焼しないと思います。
2
皆さんの本音を聞けた。大事に持ち帰り、他の人にうまく伝えられるようになり、もっと知らねばならないことが多いと痛感しました。
3
様々な立場の方々の意見が聞けて、大変興味深かったです。
4
造園業界はまだ「世代切れ」していないのかな?個人的には「見て覚えろ」の世界を生きてきていて、林業関係はもうそんなことを言っている余裕はないのか?と・・・。全部教えてしまうと、ある部分から技術者は伸びなくなるのでは?
確かに「標準化があまりに少ない世界」には必要なのかもしれません。
5
皆さんの意識の高さに感動しました。
6
参加者の方々の林業へのいきさつを聞けてよかったです。
7
S林業・Sさんの「事業体とNPOの2つのオプションがある」という方向性に希望を感じました。
8
ガンバロウと思う。
9
ITMの9年の歴史の中で、是非聞いてみたかったと思う講演を沢山やられてきたのだなと思うと共に、ITMで与えてもらえた様々なものを自分の中で活かして、日本の林業に対して、漆工、木工の分野で返せるようになれるよう頑張ってゆきたいと思います。
10
焦らずゆっくり、こなしていきたいです。
11
言葉にすることで迷いが静まっていく様子はいいですね。大きな不安があっても、どうせならリラックスできた方が身体もよく動くでしょう。
私もガンバリます。
12
皆さんの林業に対する思い、就業するまでのいきさつや就業後の問題、解決など聞くことができ、大変参考になったとともに、勇気を頂きました。
13
今回は事業主の方々が多かったので嬉しかった。そういう繋がりもしていきたいと思う。
14
皆さんの意見が聞けて良かった。
15
いい話がたくさん聞けました。新たな気づきもあり、現場に活かしていきたいです。
16
最高
17
色々な人の思いや考え方が理解でき、これからの選択肢の一つになりました。
18
現場(山林)で仕事をしているわけではないので、他のプログラムは興味と仕事に対する姿勢を見ましたが、この話し合いは深く考えさせられるものを耳で聞くことができ、大変勉強になりました。
19
一歩、前へ!
20
参加者の熱い想いが聞けてすごくエネルギーが沸いてきた。
21
参加者のほとんどの皆さんが、ストレートに(隠さず、格好つけず)想いを伝えてくれたことが、得がたい場所、機会と感じました。
22
皆さんの熱意、夢、それに対して自分が何をできるか、それを考える良いきっかけでした。化学反応の触媒となれるようガンバリます。
23
熱いトークが聞けました。毎回のプログラムにもあってよいと思います。
24
今日の気持ちの高鳴りをずっとキープしていく事が今後の仕事に重要と思いました。
25
自分と同じような境遇の人間が沢山いるのだと実感し、不安が少しなくなった。
26
本当に皆さん色々考えている。林業は現場も事務も人手不足。
自分としては、事務の方を活発にすることで現場の方々が働きやすくなるようにしたい。
27
思ったより全体的に話が深まったと思う。やはり熱意のある人達が集まっているだけある。自分にも言い聞かせるように話した。インスピレーションも沢山受けた。1冊の本になってもいい!!
28
周りを変えるためには、まず自分が変わらなければならないし、それが自分を成長させるものになると思いました。
29
岩手の社長さんの話にはジーンとさせられた。また、そのユーモアもgoodでした。
30
目標をプログラム化し、現実的なものに近づけたい。

(^_^)v オプションプログラム
1
少人数で教えていただけるのが大変ありがたいです。
2
これから受けます。
3
これからなのでわかりませんが、失敗して多くを学べるはず。
4
しっかり伐ってきます。末武さんのアドバイスの仕方を盗んできます。




(^^)/ 「懇親会」
1
ツリークライミングをしたくなりました。
2
現場だけでなく、出版社やNPOなど今後に繋がるネットワークができて、大変有意義でした。
3
他の職種に就き、かつ山仕事に関わっている人達の話が聞けて良かったです。
4
体力と時間が足りないくらい。
5
カーバイトランプが使われているところを初めて間近で見ました。
6
仕事について思い切って話ができなかったのが・・・。でも、色々な人と話ができて楽しかったです。
7
葛城さんありがとうございました。
8
お酒を飲んで良く話しをして楽しかった。色々な人がいるんですねー。
9
疲れました。
10
最高
11
お酒が弱いので、すぐに寝てしまいました。色々な人と話ができました。
12
深く話し合える良い会になりました。
13
「酒に呑まれない」事を意識し過ぎて、交流があまりできませんでした。反省・・・。
14
「楽しい+身につまされる」が一挙に叶います。最高!
15
同窓会の雰囲気ですね。今年は仕事抜きで楽しめました。でも毎年のことながら、自分の仕事の使命を感じます。
16
水野さんの意見、評価、アドバイスをもらえました。来て良かった。
17
すみません・・・。
18
皆さんが初めての人に非常に気を使ってくれて、良い交流ができたと思う。
19
今年も楽しめました!
20
毎度盛り上がるなぁと。やっぱりアルコールが良く作用して交流が深まりますね。
21
色々な人と交流できて良かった。
22
なんとか他人に物理的に迷惑をかけずにすんだと思うのですが・・・。
いつも現場で一人なもので、久しぶりにたっぷりと言葉を使えて気持ちスッキリ。
23
良かった。次は岩手の酒持ってくるぞ。




(^o^) 今回のスタッフの評価は?(平均95点!)
1
細部にわたり色々とありがとうございました。
2
特に不満はありませんでした。−5点はなんとなくです。
3
非常に対応がてきぱきとしており、好印象でした。
4
各々が気をきかせて役割を果たしているから。
5
献身的なサポートありがとうございました。(1000点)
6
大変お世話になりました。本当にありがとうございます。
7
よく頑張ったと思う。
8
飲酒まで付き合うと激務ですから。
9
素敵!
10
良かったです。
11
フレンドリー
12
特に問題なしだったから。
13
いつもながら細かいところに手が届く、参加者が安心できる運営だったと思います。ありがとうございました。
14
一生懸命やっていたと思う。
15
キビキビした雰囲気がまず良かったです。事前アナウンス(何回かやるのがまたありがたい)が良かった。お疲れ様でございました。
16
いつもご苦労様です。本当に頭が下がります。
17
お世話になりました。ありがとう。
18
いつも研修を準備する側なので点がつけられません。
19
時間に対する配慮がゆるいのは個人的には減点対象です。
20
今回もお世話になりました。ただ、紙の資料が年々減ってきているような気が・・・。
21
とくにスタッフの動きが気にならなかった。裏方さんの段取り、努力のおかげでいい集まりに参加できたと思います。ありがとうございました。
22
良い意味で気楽に過ごすことができました。
23
皆さん元気そうで何よりです。お世話になりました。




(^^) 総評をお願いします







(^_^) 今後の企画やWoodsman Workshopへのリクエストをお聞かせください
1
実習の時間を増やして欲しい。
2
ITM的なことは今後も続けていって欲しいと思います。
3
今のところないです。
4
また参加したいです。懇親会のみのITMがやりたいです。水野さんのオーラ(MOA)を浴びれて良かったです。スタッフの皆様とももっとお話させて頂きたかった。
5
経営的なコトや経済的なコトを題材にしても面白いのではないでしょうか?今後おそらく、人間らしいペースを求めて個人事業主が増えてくるでしょうが、その際に「スモール・イズ・ビューティフル」的な小さい経済の考え方は参考になると感じます。
6
非日常の異業種交流は、締め付ける側からすればコワイものでしょう。何を置いてもリクエストしたいです。
7
これからも存続し続けてください。
8
山仕事の方と使い手・作り手のネットワークをつくりたいです。
9
今後とも宜しくお願いします!
10
武道的考察は初歩の初歩だけでわかりやすくて良かったけれど、もう一歩踏み込みたいような気もしました。林業経験のある方だとなお良かったのかもしれません。2日目午後からの参加だったので、プログラムとしては上記理由により「良い」とさせて頂きましたが、本当は、全体としては「最高!」です。ありがとうございました。
11
TAFキャンプ、とても楽しみです。いつも1歩、2歩先を行くWoodsmanとして!これからもよろしくお願いします!
12
搬出現場の実習プログラム
13
多くのトレーナーが生まれる事を祈っております。将来、自分もトレーナーになれるよう頑張ります。
14
今後もよろしくお願いします!全森のことで何かあればいつでもご連絡ください。あと、東京に来られた時は是非一報を。お疲れ様でした。
15
水野さんの企画力を信じています。よろしくお願いします。
16
もう少し、現場で実際に伐る時間が欲しかったです。知識で得た事を即、思う存分実践できるようにしてもらったら良かったです。
17
どんなことに対してであれ、事前の充分な練り込みをたっぷりとしておくことが大事だと思います。
18
指導のロープレ。人に伝えること、それをチェックすること。




ご協力ありがとうございました
<(_ _)>