森のコラム

こんにちは、Mr.さわぐるみです。

「森のコラム」もなんとか4回目。
皆さんの感想やらご意見が気になり始めたMr.さわぐるみです。アレロパシー、ご理解いただけましたでしょうか?さて、今回はガラッとテーマを変えて森とCo2です。

4.光合成(1)


 BBSでもすこし話題になりましたが、「森林のCO2(二酸化炭素)吸収機能」から林業を見なおす動きがあります。さらにその機能を利用したビジネスが起こりつつあります。木材が安い・売れないと「嘆きの林業」に射込んだ光明。放っておく手はない!!
「でも、どうすりゃいいの?」
そもそも「森林のCO2(二酸化炭素)吸収機能ってなんだ??
そこで、「森林はどうして二酸化炭素を吸収するのか?」という話を進めたいと思います。

 森林が二酸化炭素を吸収するのは、植物が光合成をするからです(脱線1)。
 光合成で作られた炭水化物は、植物が育つために必要なエネルギー源になります(脱線2)。また、植物の体を作るのに必要なイロイロな物質(セルロース、たんぱく質など)も、光合成で作られた炭水化物が変化したものです。
では、光合成はどのように行われるのか?反応式を見てください。

6CO2 + 12H2O + 688kcal → C6H12O6 + 6H2O + 6O2
(CO2:二酸化炭素・H2O:水・688kcal:光エネルギー・C6H12O6:ブドウ糖)


植物は6個の二酸化炭素と12個の水(6個はあまるんですけど、反応には12個必要なんです)、688Kcalの太陽光を吸収して、炭水化物(ブドウ糖)を作る。そして、余った6個の酸素を放出するのです。つまり、炭水化物を作るには水と太陽と二酸化炭素がなくてはならないのです。逆に言えば、植物は光合成することによって二酸化炭素を吸収するのです。森林は、酸素の放出源であると同時に二酸化炭素の吸収源なのです。


次回は、光合成(2) です。


 脱線1,脱線2



ご挨拶
19 「森の回廊」より(3)
18 「森の回廊」より(2)
17 「森の回廊」より(1)
16 光合成(10)
15 光合成(9)
14 光合成(8)
13 春植物
12 樹が水を運ぶしくみ
11 蒸散
10 光合成(7)
9 光合成(6)
8 光合成(5)
7 光合成(4)
6 光合成(3)
5 光合成(2)
4 光合成(1)
3 植物の身の守りかた
2 アレロパシー(2)
1 アレロパシー(1)