2008年 5月24日 実践!目立て

5月24日開催の、実践!目立てに感想文をいただきました。
今回は、目立てだけでなく、チェーンソーのメンテナンスも「切れる」ために重要だってことがよく分った研修でした。それが、何なのか知りたい方は・・・お待ちしてます!




 「実践目立て」に応募した動機は、自分の目立てがどの程度なのかを知りたいと思い参加しました。
目立てにこんなに時間を費やしたのは初めてでした。今まではそんなに目立てを重要視していなかったからかもしれません。
刃の種類や形状、どんな刃がフック、バックスロープなのか、改めて確認することができとても参考になりました。
実際の作業はというと、刃の形と長さを揃えるのが大変でした。どのようにすればいい刃ができるのか試行錯誤しながら作業すること一日。ある程度これができてくると切っている時の振動が減り楽に切れているように感じました。やはり最初と最後では切断時の印象が違いました。
たった一日でも十分な成果が出るので、これからも日々目立てに精進していきたいと思います。
            (愛知県 Kさん)

玉切り所要時間(前:5.92sec 中:5.47sec 後:5.07sec)





感想文はいただいていませんが、成果をアップしますのでご覧ください。
やればやる程、目立てはデリケートな作業だと思います。
だから面白いんですね、きっと・・・












玉切り所要時間
前:7.37sec
中:4.52sec
後:3.76sec

(京都府 Yさん)