2008年 7月26日 Step 3

7月26日のStep3、この日も猛暑の中の開催でした。
選木から伐倒までの流れを一通り体験していただくStep1〜Step3。
実際に伐倒する本数は数本ですが、
漫然と数十本倒すよりは密度は高いと思います。
今回も感想文をお寄せいただきました。
熱心な受講者は、講師にとってかけがえのない講師です。




STEP3、お世話になりました。
前半はSTEP2の復習をしましたが、ロープワークというのはやはり使わないと覚えないもので、やれるつもりでいてもいざ木の前に立つと・・・手が動かない。
今は会社に紐を持ち込んで、事務仕事中の思考能力が低下した時などに、知恵の輪感覚で縄脳を刺激しています。

今回は3本伐らせてもらいましたが、受け口の5mm程のズレが先端では1mものズレになり、大胆な動きの中にもミリ単位の精度が求められるということがよくわかりました。
次回は大胆さを少し抑え、受け口追い口の精度を上げて確実に狙った方向へ倒したいと思います。次回もよろしくお願いします! 

(Aさん 岐阜県)



一週間前にステップ1,2と参加して、三回目の参加で少し山というものに対してイメージが
つかめて来た気がします。今回の内容では、いろんな縛り方などをおさらしてみました。
意外と一週間前のことでも覚えていましたが、今後も忘れないように定期的にしていきたいです。伐採もしましたが、改めて山は本当に危険だなとまた思いました。
怪我には気をつけたいです。チェーンソーもすごく危ないのでしっかり練習が必要です。
また、いろいろ練習していきたいと思います。 

(Mさん 長野県)