遅くなりましたが、去る15日に開催したStep2の感想文をアップします。
不整地の傾斜地で軽くはないチェーンソーを
イメージ通りに扱うことは簡単なことではありません。
下半身の不安定さ、力むことで生じる無理な動き、イメージできない3次元等々、
初心者の皆さんはほぼ同様の苦労をされています。
さて29日はStep3。
ロープワークを交えて、伐倒の反復練習です。


2009年 3月15日、Step 2


 目標物に向かって直角に刃を入れられているのか、水平に刃を入れられているのか。不安と緊張のなか、触れることに二日目のチェーンソーの重さに腕がとられる。しんどくなってくる中、二本目は受け口の切り込みに失敗、修正に失敗、さらにその修正にも失敗。やっちゃった、と思ったときには時すでに遅し。今回の研修は、非常に精神的に疲れました。また、集中すると一点しか見えなくなってしまう、これはどうにかしないと危なくて仕方がないぞと、感じました。
 特に、今回の研修では、目標物に向かって受け口を直角に切ること、チェーンソーを自分の思ったとおりに扱うことが非常に難しく感じました。
次回の29日、step3でもよろしくお願いいたします。      (Hさん 岐阜県)