「うぶ寺」
Forestry Workshop
for Learning the Safe Working 
〜新規林業就業者および就業希望者のための基礎研修〜
初回2日間の感想文をいただきました。
リピーターの方も初めての方も、
経験ある方も初心者の方も、
それぞれの立場で、
真剣かつ謙虚に取り組んでいただきました。
夜は夜で、楽しく熱くグラスを交わすことができました。

次回はチェーンソー作業の反復を経て、
伐倒に臨みます。





今週の研修の感想は、思いつくままに箇条書きで恐縮ですが、以下の通りです。
・少人数なので、尋ねたい時に気兼ねなく質問できるのがありがたい。緑の雇用研修との
 違いの1つ。
・林業が他の業種に比べて災害が多いことは知っていたが、労災保険料の話は具体的で興
 味深かったし、経営者が安全面に投資することは合理的だという話は説得力があった。
・経営的視点での現場の話は興味深い。
・選木については、正解(水野さんの意見)を押し付けずに、参加者の意見も尊重されて
 いて、気持ちが良かった。
・夕飯の中華はコスパ高かった。あと2回、どこに行くのか楽しみ。最終回は打ち上げ的
 にBBQなどやっても良いかも。
・朝~夜までみっちり効率的に研修プログラムを組んでくださってありがたい。
・受け口をオープンフェイスにするとなぜツルが株に残るかという説明は腑に落ちた。
・ロープワークと小型器具を使用してのかかり木処理は、今回の研修の中で最も満足度が
 高かった。フェリングレバーやチルホールなど重たく嵩張るために元玉伐りを強いられ
 る現状が嫌なので、その代替となりうる手段を手に入れて嬉しい。
・ロープワークについては、最初から結び方を指定するのではなく、感謝祭のときのよう
 に目的が決まっていて結び方は自分達で考える、という応用も、身に付き方には得策だ
 と思う。
・チェンソー取扱基礎では、受け口で斜めを先に入れることや、はしごを使わずにもやい
 輪で上方からロープで引っ張ることなどは、仕事で使いたいと思った。
・チェンソーパンツやブーツなど、装備についても触発された。
以上です。また再来週、よろしくお願いします。         (S.M.さん 岐阜県)





 今回参加する前に基本的な研修だけど、夜遅くまでやるって事は徹底的に基本を叩きこめるな、自分はどこまで基本を知っているのかな?と思っていました。ところが始まるに従っていい意味で想像を裏切られ、目新しい事ばかり。基本的なチェンソーの扱い方も出来ていないし、あろう事かチェンソーの恐ろしさを忘れている自分がいました。扱いの根本に絶対怪我、事故を起こさないという気持ちからの行動にしなければいけないと思いました。枝打ちの高さや間伐・密度は、先輩方から聞いてなんとなく知った気でいたことが、科学的なデータからの説明を聞けて納得出来ました。また伐倒方向でなく伐倒点にするための受け口の作り方や、無駄な動きをしない、体に負担をかけない姿勢等、林業を事故なく長く働けるヒントを頂けたとおもいます。
 最近は事務・経理が主になっていますが、今回学んだことを現場で生かせるようにしっかり復習し、いつでも出来る用に準備したいと思います。
 それと同時に次回はどんな事が学べるのか楽しみで仕方ありません。
                                          (M.K.さん 埼玉県)


                              

初日はまずは安全についての話でした。
動画を見せてもらいましたが、見ている中では、なんであんな事をするのかと思いましたが、研修後チェンソーを使う機会がありさらにここ数日一気に暑くなりまして、もしかして熱中症のような状態で作業する様な時は正常な判断ができずに自分でも思いがけない行動をしてしまうことがあるかもしれないと思いました。
 またチェンソー作業する時に自分が研修で習った安全行動ができているか意識しながら作業してみましたが、どうしてもまだまだ前の癖で色々と不安全な行動が多いように思いました。まずはチェーンブレーキをしっかりかけることを完璧にしてから、癖を直していきたいと思いました。
 ロープワークに関してはまずは習った縛り方を習得してからですが、覚えた縛り方でどのような場面で使うかと、もし頻繁に使うようなら道具もそろえたいと思いました。タイムトライアルに関しては、とりあえず完走できて良かったです。
 選木については、色々な人の選木の意見を聞けて参考になりました。まずはどんな山にしたいのか、切捨てか搬出か、次はいつ切るのか、光がどのように当るのか、などを頭に入れながら選木はしていきたいと思います。
 伐倒に関してはしっかり説明できませんでしたが、受け口とはどこへ倒すか決めること、追い口とは正確なつるを作ること、伐倒方向ではなく伐倒点であることなどが大変参考になり心に留めておきたいと思いました。その他オープンフェースの受け口や、屈曲線は斜め奥、差し金の使い方など現状でできる事が沢山有ったので取り入れていきたいと思います。
 色々と思ったことを書かせていただきましたが、大変参考になることが沢山有りました。後二回の研修も楽しみにしています。
                                          (M.N.さん 岐阜県)