5月27日Step3の感想文をいただきました。
補助具の設計や受け口の精度に悩みながらの一日でしたが、人数が少なかった分、
ジックリと取り組んでいただけたと思います。
是非またいらしてください!


2007年 5月27日 Step3


今回は初めて目立てをやってみましたが、ボードを使って理屈を学ぶのと、実際やってみるのとではぜんぜん違うな、と言うのが正直な感想です。
ヤスリをもって削ってみましたが、自分が削っていると思っているイメージと、実際削れている部分が違うし、削る方向や力の方向や、だんだんどうしたらいいかわからなくなってしまいました。また、機会があればやってみたいですが、何か目標の刃に近づいてる実感が欲しいなと思います。
間伐は、今回参加者が2人ということもあり、伐る方もロープワークも考えながら実践することができてよかったです。もっと何度もやって経験を積みたいです。
自分の一つ一つの行動に重みを感じながら実践しました。
中身の濃〜い研修でした。(W)





先日はお世話になりました。 
STEP1、2と受けさせてもらってSTEP3では、自分たちで伐倒する手はずになっておりましたが、実力が伴わず、かなり水野さんの助っ人が入ってしまいました。
やはり、受け口を伐倒方向に向けること、水平と斜めをぴったりあわせるのは至難の業ですねぇ。
もう少し経験が必要そうです。(I)










ご参加下さった皆さま、ありがとうございました!!