What's Yamaiki  
 Yamaiki(やまいき)とは、岐阜県郡上郡の山間部で使われる言葉で、山林労働者をさします。敬意のこもった言葉ではなく、「山仕事しかできない奴」「世間知らず」のような意味を含むことがあります。山林労働者が揶揄される場合に「所詮、あいつはヤマイキだでよ。(だからな)」などと使われます。
自分でヤマイキと名乗ることはまずありませんが、仕事・生活共に自信を持った人がわざと「なぁーに、俺はただのヤマイキよ。」 という使い方をすることがあります。
 ヤマイキの始まりがどんな意味だったのかは判りませんが、林業が不振になるにつれて、その意味も寂しいものになっていったのではないでしょうか? かつて、山に活気があり多くの山林労働者がバリバリ働いた頃は、ヤマイキはカッコよく、自信に溢れ、腕を試しあっていたのかも知れません。
 Woodsman Workshop は、ヤマイキを山のスペシャリストだったと考えます。 林業だけでなく、山に関わる多くの知恵を駆使できた人たち [ Woodsman ] だったのではないでしょうか?




今日も山へ行き

山仕事に意気を上げ

遠大な山域で

山の息を感じ

いつしか山の偉器となり

微かな山の異気をとらえ

終生、山で生き

静かに山で逝く



世間を知らず、山仕事しかできず

しかし

否、だからこそ

粋なヤマイキがいたことを

後世に伝えよう



巡り会えた

本当のヤマイキのことを

いつか巡り会う

本当のヤマイキのことを

勇気を持って一歩を踏み出した

君たちのことを




ヤマイキが「山いき」として

胸を張らず

卑下もせず

知恵と体を使い、ただ毎日

畏敬と感謝と少しの欲を

一杯の酒と飲み干して過ごせたら



一杯の酒を酌み交わせたら












Photos by Y. Noda